レイクの返済はどれを使って行ったらいいの?

カードローンを利用する時はどこからどのようにいくら借り入れするかという事はよく考えて行うかもしれませんが、どのように返済していくかはあまり考えていなかったという人は少なくありません。
ではレイクから借り入れを行って返済していく場合、毎月幾ら位の返済をしていけば良いのか、またどのような方法を利用して返済できるのか見ていきましょう。

 

まずは毎月の返済額です。
レイクでは借入額に応じて「最低返済額」というものが定まっています。

10万円までは3,000円

 

10万1円以上20万円以内は5,000円

 

20万1円以上30万円以内は7,000円

 

30万1円以上40万円以内は9,000円

 

40万1円以上50万円以内は12,000円

 

50万位円以上60万円以内は15,000円

 

60万1円以上70万円以内は18,000円

 

70万1円以上80万円以内は20,000円

 

80万1円以上90万円以内は23,000円

 

90万1円以上99万9999円以内は25,000円

と最低返済額は決まっています。

 

しかし、この金額はあくまでも最低金額なので、これを支払い続けていくと金利だけを支払っているようなもので元金がほとんど減っていきません。
それで可能であれば最低返済額プラスαを支払うと良いでしょう。
そうするとそのプラスα分の金額はすべて元金返済に充てられます。

 

元金を早く減らすことが利息を抑え、早期返済を可能にするポイントなので出来るだけ返済のはじめから返せるだけ返していくと良いでしょう。
追加返済を積極的に行うようにすることが結果的に自分のお金をセーブすることにつながります。
では返済方法についても見てみましょう。

 

レイクには「Web返済」サービスというものがあります。
インタネットバンキングを利用している方であれば、レイク会員ページからその口座を指定することにより手数料無料で利用することができます。これを利用すれば24時間いつでも利用可能(メンテナンス期間等を除く)ですし、一括払いもすることができます。

 

また、レイクでは専用ATMや提携ATMを利用することもできます。これらも利用手数料は無料です。最寄りのATMから返済したい時にいつでも行えるので便利です。消費者金融などでは提携ATMの利用が有料だったりすることがありますが、レイクは提携ATMも無料なので安心して利用することができます。

 

また、自動引き落としも手数料がかかりませんし払い忘れもありませんので便利ですが、残高不足には気を付けましょう。さらに銀行振込も利用できます。しかし、これは利用者が利用する金融機関により手数料が異なりますので、詳しくは利用先の公式ホームページ等からご確認ください。