レイクで延滞すると取り立てはある?

困った時にすぐに借り入れできる新生銀行のカードローンのレイクですが、使い過ぎて支払いが厳しくなって延滞してしまったり、毎日忙しく生活していてつい支払期日を忘れてしまったりする事があるかもしれません。

 

そのように延滞してしまった場合レイクから取り立てられることがあるのでしょうか?
あるとするとどのような取り立てが行われるのでしょうか?

 

返済期日までに支払いが確認されないとレイクもやはり取り立てを行います。
しかし、映画やドラマで見るような怖い人たちが来て荒々しい取り立てをするわけではありません。
最近は消費者金融でもそういう取り立てはしないので、銀行カードローンのレイクではなおさらその様な事はしません。支払期日までに入金がないことが確認されると、まずレイクのコールセンターから申込時に連絡先として記入した電話番号に連絡が入ります。

 

そして、オペレーターがいつものような口調で、支払期日が昨日であった事や支払えなかった理由などについて質問されます。さらに、いつまでに支払うことができるのかの確認も行われます。落ち着いて受け答えしましょう。
単に忘れていた場合は誠実に謝り、すぐに入金すればそれで終了です.。
数日の支払いの遅れの場合は、1回程度であれば信用情報に傷がつくこともありません。

 

しかし、この電話を無視したり、督促の電話で約束した日にちにも支払いをしなかった場合はさらに電話がかかってきます。これらを無視し続けると数日間はその連絡先に電話がかかりますが、この連絡に応じないと別連絡先に電話がかかってくるようになります。

 

自宅の電話番号を記入していた場合はそちらにかかってくるようになりますし、これと並行して自宅に督促状が来るようになります。そのうちに勤務先にも電話が来るようになります。こうなってしまうとカードローンの利用を他の人に知られてしまいますし、職場でも気まずくなったりするかもしれません。しかし、これらの連絡をすべて無視し続け、数カ月たつと督促状が来て一括返済を求められます。

 

そして、それも無視するとレイクは裁判所に訴えを起こします。
そうなると銀行の預金などの財産の差し押さえや、給与の差し押さえなど強制執行がなされる可能性もあります。

 

レイクからの連絡を無視しても自分のためには全くならないので、むしろ早目にレイクと連絡を取り今後の相談をすることにしましょう。支払期日を過ぎるとこうした取り立てだけでなく遅延損害金という利息もプラスされます。
レイクの場合も実質年率20.0%の遅延損害金が発生します。これは通常の金利よりも高額なので長期間放置しておくととても高い利息を払わなければならなくなります。延滞には何も良いことはないので支払い忘れが無いように気を付けましょう.。